楽天経済圏

楽天モバイルの契約者を変更する方法

楽天モバイルの契約者変更手続きの手順

楽天モバイルの契約者名義を変更する方法を解説します。

ここでの想定は、世帯主の方が家族複数名のスマホ契約者となっている場合で、家族それぞれの名義に変更する方法です。


詳細は楽天モバイルの公式ページを参照していただければ分かります。

しかし、複雑な部分もあったため、なるべく分かりやすくまとめてみました。

みっちー

これから変更を考えている方の参考になれば幸いです。

はじめに

楽天モバイルの契約者変更手続きは、申請書を郵送する方法でしか受け付けていません。

オンラインでは変更できないため、自分で申請書を記入するなどの準備が必要になります。


ここでは手順についての解説はしていますが、契約内容の確認などは省略しています。

ダウンロードした書類に注意事項などが書かれていますので、ご自身で内容の一読をお願いします。

手続きに必要なもの

手続きに必要なものは、次の3つになります。

  • 契約者情報登録・変更申請書
  • 委任状
  • 本人確認書類

加えて、記入する際に必要になってくるものが2つあります。

  • 譲り渡す人(現在の契約者)の印鑑
  • 譲り受ける人(変更先の人)の印鑑

契約者情報登録・変更申請書

様式をホームページから入手します。(PDFデータのため、印刷をして使用します。)

記入する項目は、まず契約者の氏名・住所・連絡先。


次に譲り渡す(変更をする)電話番号、譲り受ける人の氏名・住所・連絡先・メールアドレス・職業を記入します。

譲り受ける人の押印をする場所があるので押印します。

委任状

委任状は契約者情報登録・変更申請書の2枚目にあります。

右半分が記載する場所ですが、まず1番上の「①【家族間】契約者変更に関する手続き」の□にチェックします。


次は「対象回線の契約者情報」です。

ここは譲り渡す人(現在の契約者)の氏名・生年月日・住所・連絡先を記入します。


押印する場所があるので、こちらは譲り渡す人の印鑑を用意します。

次は「代理人(ご申告者様)情報」です。


変更をする電話番号、譲り受ける人の氏名・続柄・住所・連絡先を記入します。

最後に「同意内容」の(ご署名)部分に署名をします。

本人確認書類

本人確認書類は楽天モバイルに登録されている住所と同じもので、次のどれかを用意します。

  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • マイナンバーカード
  • 身体障がい者手帳、精神障がい者保険福祉手帳

上記を持っていない場合は、次のいずれか1点と補助書類1点の合計2つを用意します。

  • 健康保険証
  • 日本国パスポート
  • 住民基本台帳カード


    ★補助書類を追加でどれか1点
  • 公共料金の請求書・領収書
  • 住民票
  • 届出避難場所証明書

手続きの流れ

①必要書類と添付書類の準備

上でダウンロードできる「契約者情報登録・変更申請書」と「委任状」を記入します。

同封する本人確認書類は必要な物を用意して、封筒に入れます。

②書類の郵送

郵送先はダウンロードできる用紙の3枚目に準備されています。

封筒に貼り付けて発送手続きをします。

③審査受付・審査

手続きには審査があるようです。

もし書類再提出の場合はSMSやメールで連絡が来ます。


審査が通過すると、新しい契約者の住所に「本人確認手続きのお知らせ」という書面が届きます。

④名義変更手続きの開始

前の契約者のメールアドレスに「【重要】【楽天モバイル】ご契約者変更について」という案内が届きます。

メールに記載されているURLから、新しい契約者の楽天会員IDでログインをして契約者情報を確認します。


確認作業が終わると、楽天モバイルが名義変更の手続きをしてくれるようになります。

⑤手続き完了

手続きが完了すると、前の契約者のメールアドレスに名義変更完了のお知らせメールが届きます。

⑥利用開始

上記の手続きが完了すると、新しい契約者名義で使える状態になります。

新しい契約者には手数料として3,300円(税込)が請求されます。

みっちー

手続きの流れは以上です。

全ての流れが完了するまで、ある程度の日数が必要になります。

期限のある方は、余裕をもって手続きすることをおすすめします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です