ダウンサイジング

【通信費を安くする】楽天モバイルとmineoを使ったデュアルSIMプランを紹介

通信費削減

今や通信費は固定費の代表と言っても過言ではない存在になっています。

様々なキャリアも増え、少しでも固定費を安くしようと乗り換えを行った人も多いはずです。


数多くあるキャリアのひとつに「楽天モバイル」がありますが、楽天モバイルは1年間無料というキャンペーンをやっていました。

2020年4月からキャンペーンが始まり、早い人であれば2021年4月にはキャンペーンが終了しているはずです。


現在の楽天モバイルは「Rakuten UN-LIMIT VI」というプランのみを扱っており、次のような内容になっています。

3大キャリアと比較しても低価格なのは間違いありません。

しかし、楽天の旧プランから利用していた私のようなユーザーからすると、多分こんなことを感じているはずです。

みっちー

昔の楽天モバイルはもっと安かったのに!!

割引などの適用が含まれていた部分はありますが、楽天のダイヤモンド会員なら1,000円くらいで使えた時代に戻って欲しいと思っていました。

現在のプランでもデータ使用量が3GBまでなら税込1,078円ですが、今の時代で普通に使って3GB以下は現実的ではありません。


前置きが長くなってしまうので先に結論からお伝えしますが、低価格で優秀なプランを発見したのでご紹介します。

みっちー

そのプランとは「楽天モバイル」と「mineo」をデュアルSIMで使うプランです!

今回の記事ではデュアルSIMの仕組みやメリット、Rakuten UN-LIMIT VIを使い続けるデメリットなどについてまとめました。

次のような方に読んで欲しい内容になっています。

この記事を読んで欲しい方

・通信費を安くしたい

・楽天モバイルの1年間無料キャンペーンが終了したがそのままにしている

・1年間無料キャンペーン後の契約について悩んでいる

楽天モバイルのRakuten UN-LIMIT VIについて

冒頭で楽天モバイルが提供している「Rakuten UN-LIMIT VI」の料金プランをあげました。

楽天モバイルが扱っているプランはこの1種類のみだけで、とても分かりやすくなっています。


データ使用量が少なければ安くなるし、楽天回線エリアであれば使用上限がないので使い放題なので、自動的にその人に適した料金になるメリットがあります。

さらにアプリを使えば通話も使い放題になるため、コスパは比較的良いキャリアになっています。

みっちー

価格と簡単さを重視すればオススメではあります。

しかし、現時点で楽天モバイルを契約する際は、楽天回線エリアの範囲に注意する必要があります。

楽天回線エリアは整備途中であるため、自分の住む地域が楽天回線エリアから外れている場合があります。

2021年8月時点での私の住む地域は、楽天回線エリアとパートナー回線が混在しているため使う場所によってどちらかに繋がります。


パートナー回線の場合、月に使える高速データ通信は5GB。

それ以降は通信速度が1Mbpsに切り替わります。

みっちー

楽天回線とパートナー回線の切り替えは自動です。(ユーザーが操作できない)

なので、パートナー回線のみを使って楽天回線の使用量を0GBに抑えることが実質できません。(私の使い方では3GBは普通に超えてしまう。)

パートナー回線の使用量も5GBは超えてしまうので、月の半分くらいは1Mbpsで使用している状況。

CMで強調される「1GBまで0円!」は、今の時代の使い方からすればかなり不可能なデータ使用量です。

3GBもかなり難しい範囲だと思うので、多くの人は20GB以下の2,178円(税込)が現実的な利用料になるのではないでしょうか。


2,178円でもコスパは良いと思います。

しかし、パートナー回線エリアがメインの地域に住んでいる場合、データ通信量や通信速度に悩みながら2,178円なら使い勝手やコスパが悪くなります。

みっちー

楽天回線エリアは拡大中ではありますが、まだまだ時間もかかりそうです。

都心部以外の地域では、コスパが良くて使い勝手もいいとは言いにくい状況ですね。

楽天モバイルとmineoのデュアルSIMとは?

冒頭で最適なプランは、楽天モバイルとmineoのデュアルSIMを使ったプランと言いました。

そもそも「デュアルSIM」という言葉自体を初めて聞いたという人も多いと思うので、まずはデュアルSIMについて解説します。

デュアルSIMとは?

デュアルSIMとは、1台のスマホに2つの携帯電話回線を設定する方法です。

この機能を使えば、1台にプライベート用と仕事用の2つの電話番号を設定することも可能になります。

みっちー

この機能を利用して、通話の安い回線とデータ通信の安い回線のそれぞれ良いところ取りをすると、オリジナルの低価格プランを作ることができます!

次に契約するキャリアを楽天とmineoにした理由を詳しく解説します。

楽天モバイルを選んだ理由

楽天モバイルのCMで強調されている「1GBまで0円!」は、データ利用量に対するセールスです。

しかし、通話の方に目を向けると楽天モバイルは通話かけ放題。


データ利用量を1GB以下に抑えることさえできれば、通話料金は0円が実現できます。(Rakuten Linkアプリからの通話が条件)

これを実現させるための方法がデュアルSIMで、SIMを2つ使えば通話はA回線でデータ通信はB回線というような設定も可能です。

みっちー

通話を楽天モバイルに設定してデータ通信を別のキャリアにすれば、電話の部分では0円のプランが成立してしまうのです。

mineoを選んだ理由

楽天モバイルは通話のために選んだキャリアですが、mineoはデータ通信のために選んだプランになります。

mineoはプランが複数あるため、内容が少し複雑です。


料金プランについては契約する際に必要な知識なので、これから解説していきます。

まずは大きな分類として、デュアルタイプとシングルタイプの契約に分かれます。

  • デュアルタイプ➡︎音声通話+データ通信
  • シングルタイプ➡︎データ通信のみ

デュアルタイプは一般的な携帯電話の契約プランで、シングルタイプはデータ通信のみの契約プランになっています。

みっちー

シングルプランを契約すれば通話についての料金は発生せず、データ通信に対しての料金だけ支払えば良いことになります。

下にあるのがmineoのサイトにあるシングルタイプの月額料金表です。

Aプラン、Dプラン、Sプランと書かれていますが、これはAプラン=au、Dプラン=docomo、Sプラン=Softbankの回線を使用する契約で分かれています。

左の縦列のGBは高速データ使用量の上限数で、使える高速データ通信容量が大きくなれば金額も高くなります。


mineoの場合、高速データ使用量を使い切った後の低速モードは最大200kbpsです。

この200kbpsという通信速度は、使い物にならないレベルの通信速度になります。

みっちー

しかし、mineoにはこんな素敵なオプションが存在します。

それは「パケット放題Plus」です!

このオプションを契約することにより、高速データ通信容量を使い切った後の通信速度が最大1.5Mbpsになります。

多くのキャリアは低速モードが最大でも1Mbpsということを考えると、最大1.5Mbpsで使えるのは嬉しいポイントです。

注意点として、3日間で10GB以上を利用した場合は速度制限がかかります。

しかし、余程のヘビーユーザーやwi-fiを常時使わない利用環境でなければ、この容量は超えないと思います。

みっちー

mineoのサイトにある、最大1.5Mbpsに対するユーザーの声をみると、満足できる声が多いように感じます。

ビデオ通話やアプリのアップデートに関しては支障があるという声もありますが、ネット閲覧やSNSの利用は問題なく利用できたという声が半数以上を占めます。

日常でメインとなるネット閲覧やSNSはほぼ支障がなく使えて、遅さは感じてもYouTubeなどの動画まで見れてしまえば十分な性能です。

みっちー

シングルタイプ(880円)とパケット放題Plus(385円)の組み合わせは1,265円。

1,265円でこの内容を使えるとは驚きです!

楽天モバイルとmineoの組み合わせは破格の1,265円!

楽天モバイルとmineoを選んだ理由を解説しましたが、この2つの回線を利用したプランの月額はなんと1,265円です。

このプランの内容をまとめると次のようになります。

  • 通話はかけ放題(Rakuten Linkアプリ利用が条件)
  • 高速データ容量は1GB
  • 高速データ容量超過後の速度は最大1.5Mbps
  • 月額料金はデータ通信をどんなに使っても変わらない
  • ネット閲覧やSNSの利用などは、ほぼ支障なく使える

みっちー

安いだけじゃなくて、日常で支障なく使えるのがいいですね!

安いなりのサービスなら問題ですが、低価格で高性能なら選ぶ価値ありです。

デュアルSIMを使った時の料金比較

現在は3大キャリアからも低価格帯のプランが用意されており、どれも以前と比較してコスパは良くなりました。

それでも先ほど紹介したプラン内容は最も低い価格帯です。


各キャリアごとに内容も違うので、項目ごとに比較をしてみました。

キャリア楽天とmineoロゴ
楽天モバイル
+mineo

楽天モバイル
 
ahamoロゴ
docomo
ahamo
povoロゴau
povo
LINEMOロゴ
SoftBank
LINEMO
月額データ
プラン料金
(3GB以下)
1,265円0GB〜1GB:0円
〜3GB:1,078円
2,970円2,728円ミニプラン:
990円
月額データ
プラン料金
(〜20GB)
1,265円
(低速)
2,178円2,970円2,728円スマホプラン:
2,728円
高速データ
容量
1GB無制限
(楽天回線エリア)
20GB20GBミニプラン:3GB
スマホプラン:20GB
高速データ容量
超過後の速度
(最大)
1.5Mbps1Mbps
(パートナー回線エリアの場合。楽天回線エリアは無制限)
1Mbps1Mbpsミニプラン:300kbps
スマホプラン:1Mbps
国内通話Rakuten Linkアプリ利用でかけ放題Rakuten Linkアプリ利用でかけ放題5分かけ放題
(かけ放題オプション+1,100円
5分かけ放題+550

(かけ放題オプション+1,650円)
5分かけ放題+550

(かけ放題オプション+1,650円)
公式サイト公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ
※上記の金額は全て税込表示

比較表の1番左が今回紹介したプランになります。

それぞれの金額や通信速度、通話内容を比較してもかなり優秀なプランだと分かってもらえるはずです。

使用状況によっては組み合わせを変える選択もあり

楽天モバイル+mineoプランの欠点をあげるとすれば、基本的にデータ速度が最大1.5Mbpsになってしまうという点です。

使ってみた感想は最後に書きますが、最大1.5Mbpsといっても混雑時間は多少遅いという印象がありました。

みっちー

具体的に言えば12時付近のお昼時間帯など、混雑時間帯は「遅いかな」と感じることもあります。

通信速度の安定性を優先的に考えるユーザーであれば、mineoの通信環境では少し不満の出る結果になるはずです。

その場合は、20GBまでは高速データ通信が可能な「ahamo」や「povo」、「LINEMO」をデータ通信用に契約すれば、不満が軽減されます。


楽天モバイルの高速データ通信もコスパ良く使えますが、楽天回線エリアの整備がまだ発展途中なこともあって選択肢として微妙です。(都市部以外の地域が特に)

もしahamoなどを契約したとしても、通話は楽天モバイルですれば0円利用が可能なので、通話部分では楽天は強いキャリアと言えます。

みっちー

どんな組み合わせにしたとしても、楽天モバイルの通話かけ放題はポイントになります。

要するに楽天モバイルは契約しておいて損はしないということです。

デュアルSIMを使う条件

上の解説を見ていただいた方で、もしデュアルSIMに興味が湧いた方がいれば嬉しく思います。

しかし、デュアルSIMを使うには一定の条件も存在するので、条件についても解説をしていきます。

使用できる端末が限られている

デュアルSIMを利用するには、それに対応した端末(機種)である必要があります。

そもそもSIMは「SIMカード」と「eSIM」の2種類がありますが、SIMカードは本体にカードを挿入するタイプ。


eSIMは組み込み型のSIMのことで、カードを挿入せずに本体へ直接組み込むことができるものになります。

2つの回線を設定するには、SIMカード自体を2枚挿入できる端末か、eSIMが設定できて別のSIMカードを挿入して2回線が使える端末のどちらかを選びます。

みっちー

例えばiPhoneでデュアルSIMを設定する場合は、iOS 12.1 以降を搭載した iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR 以降の機種が対応しています。

私はiPhoneSE(第2世代)でデュアルSIMの設定をして使っています。

アンドロイドも機種によって仕様が異なるため、自分が使っているものが対応しているか確認が必要です。

対応していない機種の場合でデュアルSIMを使いたい時は、対応機種への買い替えが必要になってきます。

楽天モバイルとmineoの契約方法

最後にそれぞれのキャリアを契約する手順を解説します。

楽天モバイルの契約方法

私のように以前から契約をしていた人と、これを機に契約を変更する人がいると思うので、それぞれ解説します。

すでに楽天モバイルを契約している場合

楽天モバイルの最新プランは「Rakuten UN-LIMIT VI」になります。

契約した時点でのプランはUN-LIMIT Vの人もいると思いますが、自動的にUN-LIMIT VIに切り替わっているはずです。


もしそれより前の「スーパーホーダイプラン」を契約している場合は、プラン変更をする必要があります。

みっちー

スーパーホーダイプランの新規契約は受付終了しているため、もう一度契約を戻すことはできなくなるので注意してください。

楽天モバイル未契約の場合

新たに楽天モバイルを契約する場合は、「Rakuten UN-LIMIT VI」の申し込みをします。

楽天モバイルを契約して自分だけのオリジナルプランを作る!

通話かけ放題でデータを使わなければ0円になるキャリアは楽天モバイルだけです。

楽天モバイルはオリジナルプランのベースとなる回線になるので、まずは楽天モバイルから契約をしましょう!

\今なら3ヶ月無料キャンペーン中/
>>楽天モバイルの申し込みをする<<

mineoの契約方法

mineoを契約する場合は、公式サイトから申し込みをします。

申し込むプランはシングルタイプで1GB、Aプラン・Dプラン・Sプランの3種類からどれかを選びます。


Aプランはau、Dプランはドコモ、Sプランはソフトバンクの回線を使用するという違いなので、自分が使いたいものを選択します。

また金額差が発生する部分で、SMSサービスの利用があります。

Aプランは無料で使うことができ、DプランとSプランは下の料金が毎月発生します。

みっちー

DプランとSプランは申し込み時にSMSありとなしを選べるため、必要がなければなしを選べば料金は発生しません。

楽天モバイルでもSMSは無料で使えるため、特別な理由がなければSMSなしで問題ないと思います。

さらに詳しい情報は、公式ページで確認をしてください。

シングルタイプで使いたいプランを選んだら、オプションとしてパケット放題Plusを契約します。


このオプションを契約しないと、高速データ通信1GB終了後は200kbpsになってしまうので、必ず一緒に契約をしましょう!

mineoで低コスト&通信速度1.5Mbpsの使いやすいプランを!

シングルタイプ(880円)とパケット放題Plus(385円)の組み合わせは1,265円。

このプランなら常に1.5Mbpsの速度で使い放題というサービスを受けられます。(3日間で10GB以上使った際の速度制限はあり)

これだけ使えて1,265円はかなりお得です。

\今ならキャンペーン中/
>>mineo公式サイトへ<<

まとめ:楽天モバイルとmineoのデュアルSIMで固定費を抑えることが可能

現在は様々なキャリアが通話・通信プランを発表しており、それぞれのプランに特徴があります。

その中でも、今回紹介した楽天モバイルとmineoの回線を使ったデュアルSIMでの使い方は、低価格で使いやすいプランになっています。


MMD研究所が発表している「通信サービスの料金と容量に関する実態調査」のデータを見ると、価格の違いがより分かるはずです。

通信の月額料金は、大手3キャリアで平均5,853円、格安SIMで平均2,510円となっています。

みっちー

大手3キャリアなら4,000円以上、格安SIMでも1,000円以上安く使えてしまいます。

通話も通信も使い放題なので、料金の変動を気にする必要もありません!

年間の支出で考えると、大手3キャリアなら約55,000円、格安SIMなら約15,000円の節約です。

家族の人数が増えればそれだけ影響は大きく、年間10万円以上の違いが発生することも十分ありえます。


低コストでスマホを使いたい人はもちろん、楽天の無料キャンペーン中に契約をして継続を悩んでいる人も、この使い方で固定費を抑えてみてはどうでしょうか。

今回のプランを使用した感想

私は2021年7月からこのプランを利用していますが、今のところ快適に使えています。

普段から通話を利用する機会が少ないので、Rakuten Linkアプリの使い方に慣れない部分はありますが、不便だと感じることはありません。


ただ通話品質に関しては、多少悪いかな?と思うことはあります。

それでも電話ができないという状況(圏外)は無かったので、通常利用には問題のない回線だと感じています。

みっちー

通話に関しては問題なしといったところです。

データ通信に関しては、前に使っていたキャリアが楽天モバイルだったので、通常利用の速度が1Mbpsから1.5Mbpsに改善されるのは大きなメリットです。

しかし、注意点として混雑時間帯の速度低下は否めません。


全く使えない訳ではありませんが、多少ストレスを感じる時もあります。

具体的な混雑時間帯は次を参考にしてください。

  • 7時〜9時:通勤・通学の時間帯
  • 12時〜14時:昼休みの時間帯
  • 17時〜19時:帰宅の時間帯
  • 21時〜23時:帰宅後の時間帯

みっちー

データ通信は1,265円でこれだけのクオリティなので、正直かなり満足しています。

今まで楽天モバイルをメインで利用していたユーザーであれば、ほとんどの人は満足と答えるのではないでしょうか。

まとめ

固定費を抑えるためスマホの通信費について調べましたが、様々なキャリアやプラン、その組み合わせによって月額料金は大きく変わることがわかりました。

今回はキャリアごとの特徴も確認しながら、低価格で日常使いできるプランを検討しました。


結論は「楽天モバイルとmineoを使ったデュアルSIMプラン」が現状では優良だと考えています。

みっちー

利用者ごとに使い方の違いがあるため、場合によっては組み合わせるプランを変更するのも有効だと思います。

固定費削減の参考になれば幸いです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です