投資

リスクとリターンの知識【投資を始める前の必須項目】

リスクとリターン
みっちー
みっちー
投資を始める前に理解しておくべきことのひとつに、リスクとリターンの知識があります。

 

ネットやYouTubeで投資の勉強をしていると、利回り○%というリターンの話をよく聞くと思います。

多くの人はリターンの数値だけに注目して投資を始めるため、数値から外れた場合に混乱してしまいます。

 

混乱の結果、適切な判断や行動ができなかったりと、損失を拡大させてしまうことも考えられるのです。

資産を失わない正しい運用や判断ができるよう、リスクとリターンの知識を身につける必要があります。

 

色々な投資を勉強したり実践してきた私が、あなたのためにリスクとリターンを分かりやすく解説します!

みっちー(@dekiru_55)

 

みっちー
みっちー
数学的な知識があったりと、少し難しく感じる部分があるかもしれません。

しかし、とても大切な知識なので、最後までしっかり見てください!

 

リスクとリターンの知識

投資の話をすると、「利回り」という単語が必ずと言っていいほど出てきます。

利回りとは元本に対して増える利益の割合のことで、100万円を利回り5%で1年間運用したら利益が5万円になる計算です。

 

投資商品ごとに大体の利回りは決まっており、日本株式なら平均3%、外国株式なら平均7%となっています。

毎年この数値どおりに利益が生まれれば、誰もが安心して投資できると思います。

 

しかし現実は厳しく、これより利回りが減ってしまうこともありますし、損益がマイナスになってしまうこともあるのです。

この要素を考える上で重要なのがリスクで、リスクはリターン(利回り)からの変動を表します。

 

みっちー
みっちー
これだけだと分かりにくいので、リスクとリターンの関係をサイコロを使った実験で解説していきます。

 

サイコロの目は1〜6の6種類あり、全ての目の合計は21です。

この21を6で割ると3.5、目の数の平均値は3.5になります。

 

試しにサイコロを12回振って、その数の平均を出してみました。(12という数字に意味はありません。1年が12ヶ月なので、12回をひとつの区切りとしました。)

2,5,6,3,6,6,3,5,6,4,6,6の平均を出すと、4.83という数字になります。

 

3.5とはかけ離れた数値が出てきましたが、これと同じことを10回繰り返してみます。

回数 平均値 今までの平均値の平均
1回目 4.83 4.83
2回目 4.08 4.46
3回目 5.00 4.64
4回目 2.75 4.17
5回目 2.93 3.92
6回目 3.50 3.85
7回目 3.25 3.76
8回目 3.75 3.76
9回目 4.50 3.84
10回目 2.67 3.73

 

回数を重ねるごとに3.5という数字に近付いてきました。

さらにこれを30回まで繰り返し、回数ごとの平均値の平均を見てみます。

 

10回目 3.75
15回目 3.71
20回目 3.66
25回目 3.66
30回目 3.60

 

30回目になると3.5にかなり近付いてきました。

このように回数を重ねることで、数値は平均に収束していきます。

 

逆を言えば、平均値に収束させるためには分母が多く必要とも言えます。

そして、もうひとつ注目したいのが、30回の中で出た数値の最小値と最大値です。

 

それぞれの数値と、3.5に対する比率を確認してみます。

平均値 3.5に対する比率
最小値 2.67 -23.81%
最大値 5.00 +42.86%

 

今回の実験で出た目は、3.5という平均値から-23.81%〜+42.86%というばらつきがありました。

平均でみれば3.5になるはずですが、1回の数値だけで見ればこれだけの違いが発生するのです。

 

みっちー
みっちー
この「ばらつき」こそがリスクの正体です。

次はマイインデックスというサイトの数値を参照して、実際の投資のリスクを見てみます。

 

例えば日本株式でみると、変動(リスク)は-16%〜+22%になります。

そして、この変動の範囲内で収まる確率は約70%です。

 

年によっては30%の確率で-16%以上や+22%以上になる可能性もあるということです。

日本株式以外のデータも確認してみると、次のような数値になります。

年平均リターン リスク 変動幅(最大) 変動幅(最小)
日本株式 3% 19% 22% -16%
外国株式 7% 20% 27% -13%
日本債券 5% 4% 9% 1%
米国債券 6% 13% 19% -7%
米国不動産 6% 22% 28% -16%

 

外国株式であれば年利平均7%というリターンを期待できる一方で、-13%〜+27%に70%の確率で収まるというリスクがあります。

-13%という数値を100万円の運用で考えると-13万円になりますが、1年だけでみれば十分起こり得る損失だということです。

 

そしてこれも平均なので、数年マイナスが続くことも十分考えられます。

20年や30年という長期の運用を続けることで、初めて年利平均7%という数値に収束していくのです。

 

みっちー
みっちー
投資を長い目で見ないといけないのは、このような理由があるからです。

つまり長期の運用で考えれば、年3〜7%の利回りは十分に狙えることになります。

 

結論:リターンだけでなくリスクも理解して投資する

 

年利○%というリターンだけを見ていると、それに隠れたリスクという変動幅に振り回されます。

マイナスが続く恐怖から売却をしてしまったり、プラスになった喜びから高値掴みの買い増しなど様々です。

 

自分のトレードルールを崩すことは、資産を増やすどころか減らす行為に繋がります。

みっちー
みっちー
リスクを理解した行動や判断が投資には不可欠なので、リスクについて十分理解してから始めましょう。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です