幸せマインド

あなたの夢を明確にする方法【そして実現するために】

あなたの夢を明確にする方法

あなたの夢はなんですか?

私は人生を生きていくうえで、夢を持って生活していくことが大切だと考えています。

 

しかし、現実的にはその夢を実現させていくために少なからずお金が必要になります。

夢とお金、どちらかを手にするにはもう片方が必ずと言っていいほど必要になってくる不思議な関係です。

 

あなたはお金の自由を手に入れてどんな夢を叶えたいと思いますか?

お金についての知識を取り入れることは大切なのですが、まずは自分の夢を持つことが優先です。

 

例えば、宝くじを買って2億円に当選したとしましょう。

多くの人が買い求め、夢を買うと話しています。

 

想像してみてください。

あなたが当選した時に叶える夢はなんですか?

夢を持つのは意外と難しい?

みずほ銀行宝くじ部が発表した「日本ドリーム白書2018」によると、「現在、夢を持っているか?」という質問に対し、「持っている」と回答したのは51.9%です。

約半数は夢を持っていないことがわかります。

 

そして、夢を持っている人たちの内容というのが以下の通りです。

1位 健康な生活を送りたい
2位 好きな趣味に打ち込みたい
3位 マイホームに住みたい
4位 家族が幸せになること
5位 子ども・孫の成長・将来(が楽しみ)
6位 家族・子ども・孫の健康
7位 旅行がしたい
8位 独立・会社経営をしたい
9位 希望する職に就きたい
10位 充実・安定した生活をしたい

 

上の内容を見てみると、今まで通り生活をしていたり普段の生活を少し改善するくらいでも実現しそうな気がします。

健康・幸せ・充実といった言葉の中に深い想いが込められているのかもしれません。

 

ただ、謙虚というか堅実的というか、改めて日本人が保守的なんだと感じてしまう結果でした。

そして、この中でも大きなお金が必要なのはマイホームくらいです。

 

さらに言えば、これらの夢が叶えられればそれで満足かと聞かれるとなんだが納得できない気もします。

夢というのは、何年後・何十年後の話であるかわかりません。

 

途中で変わることもありますし、いくつもあって良いものです。

しかし、いざ「夢はなんですか?」と聞かれても具体的なイメージが難しく、答えがなかなか出ないのも事実です。

自分の夢を考えてみよう!

まずは自分の夢を明確にするために、現在の自分が嫌な事・変えたい事を挙げてみましょう。

どんな些細なことでも大丈夫です。

 

例えば今の私であれば

・現在の職業が自分に合っていない
・現在の職場に不信感がある
・お金に悩まされたくない
・妻と一緒に旅行ができない
・子どもが欲しい
・腰が痛い
・コンタクトレンズをやめたい
・趣味に時間やお金を費やせない
・投資をしたい
・ストレスを少なくしたい

このような事が挙げられます。

 

嫌な事・変えたい事を挙げることが出来たら、これらマイナスな事柄をゼロもしくはプラスに変えるにはどうするか考えます。

変える方法が分からなければ、それを思いついた理由を書き出してみてください。

 

私の場合は、

・現在の職業が自分に合っていない→職場の中で適所を考える、転職する
・現在の職場に不信感がある→職場を理解しようとする、歩み寄る、転職する
・お金に悩まされたくない→家計の健全化、収入を増やす
・妻と一緒に旅行ができない→休みを取る→休みを取れる環境にする
・子どもが欲しい→妊活をする
・腰が痛い→整体などに通う、手術をする
・コンタクトレンズをやめたい→眼鏡にする(職業上コンタクトが良い)→レーシック手術、転職
・趣味に時間やお金を費やせない→休みを取る、趣味に使えるお金を増やす→収入を増やす
・投資をしたい→家計の健全化、収入を増やす
・ストレスを少なくしたい→ストレスの原因は仕事に関する事が大半→転職する

このような感じになります。

 

書き出した解決策をまとめると、「転職をして収入を増やす」という形になってきます。

これを夢に置き換えれば、「私の夢は転職をして収入を増やすことです」と夢が見えてきました。

 

この思考を持っていれば、さらに「お金があれば幸せなんだね?」と聞かれたとしても、「旅行に行ったり趣味を楽しむためにお金が必要なんだ」と回答することができます。

今とは違う状況で生活している自分を想像してみてください。

 

ワクワクしたり楽しい気持ちになってきたりしませんか?

夢を持つことは、日々の生活の質を上げるためにもとても重要なのです。

あなたの夢から具体的な行動を導き出す

これであなたの夢が明確なものになってきました。

次は夢を実現させるためにどうすれば良いかを考えていきます。

 

方法は簡単で、先ほど考えた改善策をさらに詳しく書き出していけば良いのです。

例として、レーシック手術を実現させたいと考えます。

 

お金が関係してくる事なので、まずはレーシックについてメリット・デメリットを調べます。

その後でも「やりたい」と思う事であれば手術を決め、レーシックではないと思ったのであれば、違う方法の解決策を探していきます。

 

ここでは「やりたい」と思ったと仮定します。

次は実際に手術をできる場所を探し、どこが良いかを決めていきます。

 

そして、手術をするための費用を概算していきます。

例として40万かかると想定します。

 

次にその費用を捻出する方法を考えます。

これも例として、毎月4万円を貯金していくとします。

 

4万円を確保するために、生活を見直して収支にメリハリをつけます。

計画通りにいけば1年以内に目標が叶えられるので、楽しみが生まれて生活にも活力がでてきます

 

このように何年先の夢であったとしても、夢を実現するための道筋を作る事で今やらなければいけないことが見えてきます

さらにその行為自体が、自分自身に幸福感を発生させる仕組みにもなるのです。

この瞬間が夢に向かって進む第一歩

あなたが夢について悩んだり考えていたならば、ここにたどり着いたのは一歩踏み出すタイミングだと思います。

道のりは大変かもしれませんが、自分の人生が充実したものにするために一歩踏み出しましょう。

 

あなたの人生を幸せにするために。