幸せマインド

自宅時間が増えた今こそやるべきこと【幸せな未来を目指して】

自宅時間が増えた今こそやるべきこと

現在コロナウイルスの影響もあり、自粛要請が出されて職場が休みになったりと自宅時間が増えている人が多くなったと思います。

SNSなどではそれぞれの「おうち時間」を紹介していたり、自宅にいる時間を楽しいものにしようと努力しています。

 

このような内容が多いのも、今までは自由に外出や旅行ができたのに制限され、家では自分一人の時間を作れていたのに家族みんなが一緒にいる時間が増えて自分時間が作れなくなったりしてストレスが貯まるからです。

制限を受けたり自由ではなくなってしまうとストレスを感じてしまうのはわかります。

 

しかし、いつどの程度まで進むかは不明ですが、今後はテレワークのような働き方が普及する可能性も高いので、順応しなければならないのも事実です。

これからの時代へ備えるためにおうち時間をどうするかというよりは、お家での仕事=在宅勤務について考える必要があると思っています。

・在宅勤務について

・おうち時間の使い方について

 

この2つの項目についてがとても重要だと思うので、ここではその理由などの説明をしたいと思います。

在宅で仕事をする際に気を付けること

在宅で仕事をするのと職場へ通勤して仕事をするのを比べると、それぞれメリットもあればデメリットもあります。

在宅勤務のメリットについて書かれているのはよく見かけますが、在宅勤務でのデメリットは仕事が成立しないリスクまで含んでいるので注意が必要です。

 

まずはデメリットを理解して、それに対する解決策も考えてみましょう。

①仕事のONとOFFの切り替えが難しい

自宅が職場である場合、ONとOFFの切り替えが難しくなります。

自宅に店舗があるような場合であれば、自宅と店舗の物理的な区切りがあるので問題はありません。

 

しかし、普段生活しているリビングで仕事をしようとなると話は別です。

物理的な区切りがないので、気持ちの切り替えがとても大変なのです。

 

例えば通勤という行為は、時間をただ消費するというデメリットがあるかもしれません。

逆にメリットとしては仕事モードへ切り替える時間にもなります。

 

場所が変わるというのは、気持ちの切り替えにとても有効なのです。

自宅でこれを解決するのであれば、自宅の一室を仕事部屋と決めてしまうのが一番です。

 

短時間で仕事モードに切り替わるよう、自分なりの工夫を考えましょう。

②家族が近くにいると集中できない

リビングというのは家の中で最も家族を感じる場所だと思います。

このような場所で仕事をしていると、どうしても家族の動きや音が気になります。

 

小さな子供がいれば作業を中断されてしまう確率は大きく上がるでしょう。

家族の立場としても「仕事してるし静かにしよう」とか、少なからず配慮しようとする気持ちが生まれるためストレスにもなります。

 

集中しようとする人がこのような場所に居てはリスクしかありません。

これも同じように、場所を切り分けることが必要になってきます。

 

加えて、もう1つ有効な方法は時間を区切ることです。

終わりの時間が明確になることで、待つ側も待たされる側も安心が生まれます。

 

あと1時間は集中できる。あと1時間したら遊んでもらえる。

こんな感じでお互いの目標が明確になれば安心することができるのです。

 

自分なりの集中方法を見つけておくと、何をするにも効率的に動くことができるようになります。

③仕事に対する甘えが出やすい

これはひとりで集中する環境になった時に陥るリスクです。

職場というのは自分以外にも多くの人が勤務をして業務をこなしています。

 

それがひとりになってしまうということは、監視されていませんし共に働く人が視界に居ないということです。

誰しも自分ひとりになってしまうと、別のことが気になってしまったりと集中できなくなる可能性が高まります。

 

結果的に作業効率が落ちて生産性も高まりません。

YouTubeではこんな感じの動画が流行った時がありました。


同じ目的の人が目の前にいるだけで集中力は上がったりします。

これは職場という環境で得られる大きなメリットだとも感じています。

 

ひとりで集中することはとても難しいことです。

これからの時代は自分で解決して選択することが重要になってくると以前の記事で説明しました。

今の時代を生き抜く重要な力ac
今の時代を生き抜く重要な力!【これがないと不安に支配される】2020年4月現在、コロナウイルスの関係で多くの方が不安を感じる日々を過ごしていることだと思います。 不安の対象は感染のリスクであ...

この選択する部分については、決めたことを実行するという部分も含みます。

実行するということは、行動するということです。

 

自己研鑽や目標の実現化にはとても大変な道が待っており、これを達成するには集中力がどうしても必要です。

こういった理由からも、自分自身の集中力の高め方を知っておくことが重要になってくるのです。

おうち時間の使い方

冒頭で少し話しましたが、自粛要請の期間のおうち時間を楽しく過ごそうという流れが多く見られます。

もちろん、ストレスを感じなくするような家族の在り方や過ごし方を見つける機会という考えもありです。

 

しかし、多くの人はストレスのみに注意がいってるように感じます。

自由に使える時間が増えたタイミングこそ、今後の人生に役立つための自己投資をするべき時間です。

 

自分自身の知識やスキルを高めて集中力も養う。

これをするかしないかで、今後の人生が大きく変わってくると確信しています。

 

今回の影響で倒産する企業が増え、失業する人も増えています。

倒産していない企業でも業績が落ちた企業は多くあり、今後の働く環境が変わるのは間違いないと思います。

 

そんな状況下では、今とは違う新たな技術や手法が出てきたりする可能性が高いです。

そして、新たに進化した技術に対応したり柔軟な選択ができる人は、今後の人生を良いものにする可能性も高まります。

 

逆に自分で対応する手段を持ち合わせていない場合は、出来る人との格差に悩まされることになるでしょう。

なので、今後の自分の人生をよいものにするためにも、おうち時間を大切にしていきましょう。