お金の知識

楽天証券のメリット【投資信託を始めるならオススメ】

楽天証券のメリット

私がオススメする証券口座のひとつが楽天証券になります。

ここでは、楽天証券をオススメする理由を紹介していきます。

 

証券口座を選ぶ際の参考にしてください。

使いやすい操作性

証券口座では投資信託や国内株式、外国株式など様々な取引ができるようになります。

取引できる種類が多くなれば、必然的にサイト内の選ぶ項目が増えることは仕方のないことです。

 

初めて証拠口座のサイトを見たときに、「どこに何があるんだろう?」と悩むことは誰しもが通る道だと思います。

そんな証券口座ですが、楽天証券については比較的分かりやすく作られていると思います。

 

視覚的にもイラストなどが入ったりしており、文字だけが並ぶサイトより圧迫感がないのも良いところです。

操作性が悪いと投資自体に苦手意識が生まれてしまう危険もありますし、使いやすさはとても大事だと考えています。

取扱銘柄数

投資初心者であればそこまで気になる部分ではありませんが、楽天証券は業界屈指の取扱銘柄数になります。

2020年8月3日現在の取扱銘柄数は2,699銘柄です。

 

多くの人が購入するような銘柄であれば、取り扱っていなかったということは基本的にないと思います。

私が購入しているような投資信託や海外ETFなども、問題なく購入できます。

マネーブリッジで預金金利がUPする

マネーブリッジとは、楽天銀行と楽天証券の口座を連携させるサービスです。

この口座連携を行うと、様々な特典が受けられます。

 

そのひとつに、楽天銀行の普通預金金利が優遇金利になるという特典があります。

優遇金利はなんと年利0.1%(税引前)です。

 

メガバンクの普通預金金利が年利0.001%だということを考えると、なんと100倍です。

楽天銀行はコンビニで取り扱いができたりと、普段の使い勝手も良いです。

マネーブリッジによる自動入出金がある

マネーブリッジによる便利な特典は他にもあります。

証券口座で投資商品を購入する場合は、基本的に証券口座へお金を入金しなければなりません。

 

マネーブリッジで口座連携していると、楽天銀行に入金されているお金から自動的に証券口座へ必要資金が入金されます。

例えば1万円の商品を購入する際、楽天証券の残高が0円でも楽天銀行から1万円が入金されて購入できるという形です。

 

もちろん入金手数料はかかりません。

入金する手間や手数料を気にしなくて良いのはとても助かります。

楽天ポイントを獲得できる

楽天証券を利用することで、楽天ポイントを獲得できる方法がいくつかあります。

まずは投資信託を購入する場合です。

 

楽天証券では、投資信託をクレジットカード決済で購入することが可能です。

購入時に100円につき1ポイントの獲得ができるので、毎月3万円分の投資信託を購入すれば年間で3,600ポイントにもなります。

 

上限が5万円までという制限はありますが、とても魅力的なポイント獲得数です。

さらに、投資信託の残高によってもポイントが獲得できます。

 

残高50万円〜200万円で毎月50ポイント、200万円〜400万円で100ポイントと残高が増えるごとにポイント数も増え、年間最大12,000ポイントを得ることもできます。

このようなメリットもあるので、投資信託では楽天証券を選ぶ価値があると思います。

楽天ポイント投資でSPUが+1倍

楽天ポイント投資をするとSPUの倍率が+1倍になるので、楽天経済圏を利用している環境であれば大きなメリットになります。

条件としては簡単で、次の項目を満たせば翌月中に倍率が上がります。

☑️1回500円以上の投資信託を購入

☑️購入金額のうち、ポイントを1ポイント以上利用する

 

①毎月500円の積立注文②ポイントを1ポイント使用、この設定をするだけで、毎月ポイント倍率が上がるようになります。

投資信託は資産として増えていくので、無駄な出費をせずに倍率を上げるメリットはかなり大きいです。

結論:開設しておいて損はない証券口座

上で説明したとおり、楽天証券を選ぶメリットはいくつかあります。

資産運用で投資信託を選ぶのであれば、メリットが多く存在するので私はおすすめします。

 

投資初心者であれば、投資信託はハードルも低いので良いと思います。

他の商品が気になったら、ETFでも個別株でも購入は可能なので、いつまでも使える証券口座です。

 

まずは口座開設して、多くのメリットを受ける準備を始めましょう。