お金の知識

資産を築くうえで気を付けなければいけない事

資産

資産を築くうえで気を付けなければいけない事

 

欲しいものを購入する時、子供の学費や老後資金を用意する時、どれも得た収入を積み重ねていかなければなりません。

 

ここでは、資産を築くうえで気を付けるポイントを押さえていきたいと思います。

 

先取り貯金のリスク

 

家計改善のコラムであったり、銀行の営業の人たちによく進められる内容があります。

それは、収入を得た時点でまず一部を貯金するという方法です。

 

銀行などで言えば、財形貯蓄といって給与から天引きされる仕組みがあります。

ファイナンシャルプランナーに相談するコラムなどでも、「この家計からは○○万円を貯めれる収入があります」とまずは貯金額を決める内容が多く書かれています。

 

収入の中からお金を貯める仕組みを作るのはとても良い考えではあります。

しかし、まずはその仕組みを作る前に収入をどのように使っていくかを考える事が最も重要なのです。

 

例えば、老後のために毎月3万円を貯金していこうと決めたとします。

その残りを生活費に割り振るという考え方です。

収入ー貯金=生活費

 

こういった事が書かれた記事では、

収入ー生活費=貯金

これの考えでは貯まりませんよ!なんて言っていたりします。

 

実際のところ、毎月貯金をしていくと確かにお金は貯まっていきます。

しかし、途中でライフスタイルが変わった時や大きなお金が必要になった時はどうやって対応していきますか?

 

例えば、子供が生まれたり大きくなっていく過程で、食費や教育費が増えてきたとします。

そうなった場合、他の支出を減らすことで調整をしようと考えます。

 

調整してもさらに増加する部分が膨らんできた時、あえて食費を抑えようと苦しくなる我慢を選んだりします。

そして、どうしてもやりくりができないからと貯金を止めたり、最悪の場合は目的のために貯めた貯金を取り崩すことを選択したりしてしまいます。

 

このような方法ではいつまで経っても多くの資産を築くことはできません。

まずは生活費をしっかりと見直して、できる限りのダウンサイジングを目指していきます。

 

生活費をダウンサイジングすることのメリット

 

なぜ、生活費のダウンサイジングをすると良いのでしょうか。

取り組むことで得られるメリットを解説していきます。

 

①自分のお金をかけたい項目に無理なく支出できる

私たちは毎月生活しているだけでも支出が生まれます。

それは住居費、光熱費、通信費、保険、車両費や食費などと多岐にわたります。

 

これらの様々な支出にそれぞれ平均的な支出をしていては、多くの収入があってもすぐに割り振れるお金が無くなってしまいます。

 

各支出を支払う意味を持ち、支払う金額についても必要最低限のコストになるようにコントロールしていけば、自分が使いたい支出にもお金を回すことができます。

 

②毎月の生活費が微増しなくなる

毎月の支出を目的に合わせ、必要最低限の支出にできたとします。

基本的にこの考えが実行できれば、これから続く将来に対しても同じような支出を想定していけます。

 

多くの人は給与などの収入が増えることにより、お金に余裕ができたと思い必要以上の付加価値を付けてしまいます。

しかも、これは多くが見栄であったりもします。

 

多くの人が使っているから、これくらいでないと恥ずかしいからと言う理由です。

あくまでその支出は自分が使うものです。

 

それを理解して支出を決めることができれば、周りを気にして支出が増えることも無くなるはずです。

 

③支出に対する意識が変化する

様々な支出に目を向けていくと、自分自身の生活費を深く考えるようになってきます。

それは、小さな支出にも注目するようになり、メリハリをつけたことで余力(貯金)が生まれてきます。

 

さらに、貯金ができるということは資産が増えていくということです。

増える実感ができると、支出に対する意識はどんどん増していきます。

 

④心に余裕ができる

誰しも毎月の支払いに追われるというのは精神的に余裕がなくなってしまいます

生活費が少ないということは、支払う金額が少ないということです。

 

支払う金額が少なくなれば、それだけ心の負担も少なくなります。

そうなれば心に余裕が生まれ、毎日の生活は楽になり良いスパイラルが生まれます。

 

⑤老後の心配を軽減できる

生活のダウンサイジングができると老後にかかる生活費自体が少なくなります。

これができると、貯金した資産が減っていくのも緩やかになります。

 

また、現役時代も通常より多くの資産を築くことができるため、さらなる安心に繋がっていきます。

 

資産を築くために

 

資産を増やすためには、闇雲に貯金をすれば良いだけではありません。

無理やり貯金したことによる反動で、それ以上の支出を増やしては意味がないからです。

 

しっかり生活費を考えることにより、様々なメリットがあります。

これらのメリットを十分に理解すれば今が良くなるばかりではなく、将来への余裕や安心を作っていけるようになるのです。