お金の知識

自動車購入・維持について

車

自動車購入・維持について

 

人生にかかる費用で車にかかる部分はとても大きいものです。

維持費と一言で言っても、その中には税金や整備費用等たくさんの項目があります。

 

さらに、毎月であったり一回の支出は少なく感じるかもしれませんが、年間の支出で見ると意外に多くの費用がかかっていることがわかります。

まずは、どんな項目があってどれくらい必要になってくるのかを見ていきます。

 

車を持つと必要な支出

 

今回は「JA共済 自動車の年間維持費はどれくらい?車種別にまとめてみた」を参考にします。

 

まず、所有するにあたって必要な費用は以下のようなものがあります。

・車両購入費用

・ローン金利

・自動車税(年1回)

・重量税(車検ごと)

・自賠責保険(概ね車検ごと)

・自動車任意保険

・点検費用(法定点検年1回、法定費用+整備費)

・車検費用(隔年、新車時のみ3年。法定費用+整備費)

・駐車場代

・燃料代(ガソリン等)

・その他整備費、消耗品費用(タイヤなど)

 

年間維持費

 

上記の項目を1年あたりの費用でみてみると下のようになります。

軽乗用車 コンパクトカー(1.5L) Lクラスミニバン(2.5L)
自動車税 1万800円 3万4500円 4万5000円
重量税 1万2300円 1万6400円 1万6400円
自賠責保険 1万2422円 1万2806円 1万2806円
自動車任意保険 8万円 8万5000円 9万円
点検費用 1万5000円 1万8000円 2万円
車検費用 2万5000円 3万円 3万5000円
駐車場代 14万4000円 14万4000円 14万4000円
燃料代 8万3148円 10万3836円 13万8528円
概算年間維持費 38万2670円 44万4542円 50万1734円

 

長期で考える車にかかる支出

 

年間の維持費がわかりました。

これは車両本体の費用が含まれていないため、例としてコンパクトカーを選択して本体が200万円という想定で計算をしてみたいと思います。

 

車両は10年を目安に乗り換えを想定し、10年ごとの総支出を出していきます。

年数 総支出
10年 645万円
20年 1290万円
30年 1935万円
40年 2580万円

このようなデータになります。

 

データを見てもわかるように、車を所持するということは人生の中で多くのお金を支出するということです。

 

車の所持を考えるのであればどのような目的で持つのかを明確にして、大きな支出になっているという意識も忘れないことが大切です。