お金の知識

あなたが持っているお金を価値のあるお金にするための方法

買い物カート

お金を使う際の大切な事

 

私はお金を使う上で意識している事があります。

それは本当に欲しい物にお金を支払うことです。

 

・広告を見て気になったから

・あの人がハマっていると聞いて気になったから

・流行っているから

 

こんな理由だけでお金を使おうとするのは言語道断です。

また、世の中には商品を買ってもらうために、企業などが考えた戦略が飛び交っています。

 

デキるお金の使い方をマスターするには、そんな戦略を知って惑わされないようにしなければなりません。

 

いいことがあると無理やり思い込まされている

 

テレビCMを見ていると、芸能人の人たちが美味しそうに食べている姿をよく見ます。

とても便利そうな家電を楽しそうに使っている姿なども見かけます。

 

このCMを見て私たちは、この商品を食べたり・買うことによって幸せが得られるのであると勘違いさせられているのです。

 

ダイエットをしている人がカロリーの高そうな食べ物のCMを見て、美味しそうだと誘惑されて食べたらどうなるでしょうか。

 

食べた瞬間は美味しさから幸せを感じられますが、そのあとは食べたことによる後悔や目標達成が遠ざかった後悔など、買ったことによる後悔が必ずあります

 

分かりやすい例を挙げましたが、自分が買い物をする時はこの買い物は人生で幸せを感じられる買い物だったのかを考える必要があります。

 

更に例を挙げると、人に勧められたある商品があったとします。

その人は自分が使ってみてとてもいいと言っていますが、あなたはいいと思うものでしょうか。

 

多くの場合、この答えはいいものではないという結果になると思います。

 

勧めたひとのことを考えて選んでくれたならまだしも、他の人が良かっただけで自分が求めているものではないからです。

 

このことからも欲しいものに遭遇した時は、まず自分が本当に欲しいものなのかを判定することが重要になってきます。

 

判定をする際に必要なことは、自分が欲しいと思った理由を考え、それを手に入れた自分を想像することです。

 

あなたが買い物をする時の心理

 

まずは、自分が欲しいと思った理由を考えます。

「今使っているパソコン、結構使って古くなってきたし、そろそろ買い替え時かな・・・」

「デスクトップを使ってるけど、持ち運びができるノートパソコンもあったら便利かな?」

「お、ノートパソコンもスペックがそんなに高くなければ結構安いな!」

「職場の先輩、新しいパソコン買ったんだ・・・使い心地いいみたいだな」

「やっぱり新しいのはいいよな!よし、買っちゃおう」

 

例えば、こんな感じでパソコンを買おうと決めたとします。

ここから考える欲しい理由は、

・古くなったから

・思ったほど高くはなかったから

・先輩も買ったから

などがあります。

 

これらの理由を前提に、買った自分を想像します。

さて、どうでしょう。

 

買ったときは新しい物を使う喜びはあるかもしれませんが、この買い物からそれ以外の幸せが見えてくるでしょうか。

 

単純に新しい物への喜びを味わうだけの買いものです。

 

この喜びのために、何万円・何十万円と費やす価値はあるのでしょうか。

 

極論的な話をしてしまうと・・・

 

上の例え話の極論を言ってしまうと、本当にパソコンが必要なのかというところです。

今持っているけど無くなったら困る理由はなんなのでしょう。

 

「スマホより画面が大きいから調べるにはパソコンがいいな。」

「仕事を持ち帰ってやるにはパソコンがないと困るし・・・」

 

まず、その物が無いと困る理由は今持っている物で代用できませんか?

スマホでできることならスマホでよくないですか?

仕事を持ち帰るって、そもそも就業時間中に終わらせることが大切ではありませんか?

その時間は家族との時間や自分の時間を犠牲にするんですよ?

家でもできるからって逆に甘えが出るくらいなら始めから無かったほうが良くないですか?

 

そんな困る理由で買った時、これはあなたに幸せをもたらす買い物ですか?という疑問が湧きます。

 

じゃあ本当に買うべきものは?

 

それでは、幸せをもたらす買い物とはなんなのでしょうか。

 

それは自分の成長に繋がるもの、自分の人生の目標に繋がる買い物です。

 

上のパソコンの例であれば、単純に買い替える事は自分の成長に繋がるものではありません。

パソコンを使う目的があるからこそ、買う意味がでてくるのです。

 

まずはパソコンを使って何をするのか考えます。

動画編集や自分が運営するサイトの作成、イラストを描いたりプログラミング。

在宅で行うライターとして記事を書いたり、自分の事業の会計管理。

 

パソコンでできることはいくつでも出てきます。

しかし、その中でも自分がやりたいことを明確にしてそれが心からやりたいこと・楽しんでできることかを買う前に確認する

これを絶対に行わなければなりません。

 

そうでなければ買ったことに満足をして、下手をしたら本当に買いたい物を買えなくなるリスクさえ出てきてしますのです。

 

買い物をすればお金は減ります。

いくつも買い物をして手持ちの資金が少なくなった時、本当に欲しい物に出会ってしまった場合はどうなるでしょうか。

お金がないし、また今度かなと思うかもしれません。

 

しかし、本当に欲しいと思った物は何カ月経っても、絶対にまた欲しくなります。

そして残念なことに、やりたいと思うことには年齢だったりタイミングで出来なくなったり手に入らなくなることも多々あります

 

こうなってしまうと残るは後悔しかありません。

「あの時、買っていれば良かったな」って。

 

買った後の未来は幸せですか?

 

もし、本当に欲しいと思う物に出会えたとします。

これがあればやってみたかった○○ができるし、これが出来れば自分の成長に繋がる。

買う理由としてもしっかり成り立っていたとします。

 

そこまで考えることが出来たら、最後にもう一つ確認をして欲しい事があります。

それは、買った未来を想像して使っている自分をイメージする事です。

 

できる限り具体的に、そして数年先の未来まで想像してみます。

 

もし具体的に想像ができない場合は、その事についての知識が不足している可能性が高いです。

今はネットで様々な情報が入手できるので、手に入れるものについてしっかりと調べてメリットデメリットをしっかりと把握した上で買う決断をします。

 

これを怠ると自分には合わない事であったりするリスクが上がってしまいます。

結果的に少しだけ使ってみたけど、そのあとは物置に眠ったままになってしまいます。

 

新たな分野への買い物であるならば、同じような体験をしてみるのも一つの方法です。

そこで自分が新しい物を手に入れるイメージを高めて、やっぱり良いと思えるなら買うべきだと思います。

 

すでに始めている人がそのジャンルの物を買う時も注意が必要です。

自分が詳しくなると、高級志向であったりコレクション性(全ての種類を持っていたい)に対する欲が出てきます。

 

そうなってくると、買う目的そのものがすり替えられてしまいます。

この場合も、しっかりと目的を持つことが必要です。

 

これからお金を使う時には

 

本当に欲しい物を買うためにしっかりと考えて、自分の未来が楽しく幸せであるようにお金を使える。

そこから新たにチャレンジする気持ちや余裕の心が生まれて、さらに良い人生に変わっていく。

 

お金を使う事は幸せになる第一歩です。

 

そして価値のあるお金になるかどうかはあなた次第です。

 

使う額が小さくても大きくても、しっかりと考えて使える人になることが大切です。

 

これからはデキるお金の使い方をマスターしていきましょう。