資産公開

私の投資結果報告【2022年1月】

2022.1資産 公開
みっちー

2022年1月4日現在のデータを元に、私の投資結果をまとめました。

投資を始めるきっかけや、投資初心者で悩んでいる人の参考になれば幸いです。

さっそくですが、全体の運用結果から見ていきます。

元本評価額(総資産)損益
投資信託39,000円52,481円+13,481円
米国ETF(上場投資信託)192,301円233,590円+41,289円
日本個別株111,768円133,427円+21,659円
買付余力48,559円
合計343,069円468,057円74,429円

先月と比較して米国ETFと日本株の評価額が大きく上がりました。

これにより過去最大の含み益となりました。


資産及び各投資先ごとの資産推移は次のとおりです。

年間の配当予定額は11,993円で、内訳は次のとおりです。(受け取れる金額で税引前)

日本株:5,374円

米国ETF:6,619円(分配金は57.16ドル。1ドル=115.79円で計算)

みっちー

先月40万円を超えたと思っていたら、含み益が大きく伸びて資産50万円が見えてきました。

今回のデータが2022年当初の数値になるので、コツコツ積み立てを継続してさらに大きくしていきたいです。

投資信託の詳細

私が投資信託で購入している銘柄は2種類で、「eMAXIS Slime米国株(S&P500)」と「eMAXIS Slime新興国株式インデックス」になります。

証券口座は楽天証券とSBI証券の2つで、それぞれで投資信託を購入しています。

みっちー

楽天証券の投資信託で楽天ポイントを貯める仕組みは、別の記事で解説しています。

興味のある方は、参考にしてみてください!

楽天証券
投資初心者なら楽天証券で口座開設【魅力的なメリット多数あり】様々な証券会社がありますが、初心者で投資信託を始めるなら楽天証券がオススメです。楽天サービスを使っている人であれば、数多くのメリットを受けることができてお得です。...

ETFの詳細の詳細

私が購入しているETFは米国ETFで、銘柄は次のものになります。

  • SPYD(SPDRポートフォリオS&P 500高配当株式ETF)
  • AGG(iシェアーズ コア 米国総合債券市場 ETF)
  • VYM(バンガード 米国高配当株式ETF)

みっちー

VYMが最高値を更新中です。

今までの積立額ではVYMを購入できなくなってきたので、今年から毎月の積立額を少しだけ増やします。

ETFについてはSBI証券のNISA口座で購入をしています。

資産全体のバランスを見て毎月の購入銘柄選びをしていますが、ある程度同じ銘柄を購入し続ける場合は、積立設定も利用しています。

みっちー

ETFの積立設定が可能な証券口座は、SBI証券だけです。

SBI証券を利用することで、毎月のお金の管理が全て自動化できる設定を作ることができます。

収支管理
給与振込から投資までの流れを自動化する手順を解説 毎月の家計管理や投資商品の買付作業、これを手間だと感じる人は多いのではないでしょうか?具体的に言えば、このような内容の作業です。 ...

日本個別株の詳細

日本個別株については、【SBIネオモバイル証券】で購入をしています。

SBIネオモバイル証券では1株からの購入が可能なため、少額でも個別株投資が始められます。


少額であれば複数銘柄も無理なく購入できるため、分散投資が可能になるという重要なメリットもあります。

みっちー

日本個別株は高配当の銘柄を中心に購入しています。

購入時は銘柄とセクター分散を念頭に、配当金に対する構成比率を調整するように心がけています。

保有銘柄は30銘柄、構成比率は次のとおりです。

保有銘柄のセクター比率は次のとおりです。

みっちー

12月に新しく2銘柄を買いましたが、どちらも情報・通信セクターだったのでセクター比率が少し崩れました。

来月以降はセクターを調整しながら買い増しを検討します。

投資信託やETFに比べると、個別株への投資は銘柄選びがあるので難易度が上がります。

しかしSBIネオモバイル証券を使えば少額投資が可能なので、失敗してもダメージは小さくて済みます。


投資スキルを上げるためにも、少額からの個別株投資は挑戦してみる価値ありです。

みっちー

配当金はキャッシュフローの強化には適した投資ですし、難易度が高いからこそ投資の知識も身についていきます。

銘柄選定は難しいですが、SBIネオモバイル証券自体は初心者でも簡単に扱える、とても分かりやすい証券口座になっています。

日本の個別株に投資するならSBIネオモバイル証券
SBIネオモバイル証券【初心者にもおすすめする理由】投資などの資産運用で必要になってくるのは証券口座です。 ネットなどで調べてみると、いくつかの証券口座が出てきてそれぞれのサイトでお...

アセットアロケーション・ポートフォリオ分析

最後に私が目指すポートフォリオとの比較、利回りと配当金の確認をしていきます。

私が目指しているポートフォリオは、次のような銘柄・割合になります。

目指しているポートフォリオ
  • 米国株式(S&P500):15%
  • 新興国株式:5%
  • SPYD:20%
  • VYM:40%
  • AGG:10%
  • 日本個別株(高配当銘柄):10%
私のポートフォリオ1
私のポートフォリオ【2021年最新版】 「ポートフォリオで投資家の運命は決まる」と言われるほど、ポートフォリオはとても重要な判断事項です。私に適したポートフォリオを決めるため...

次に現在のポートフォリオを確認していきます。

現在のポートフォリオ
  • 米国株式(S&P500):11.1%
  • 新興国株式:1.4%
  • SPYD:15.2%
  • VYM:31.1%
  • AGG:9.4%
  • 日本個別株(高配当銘柄):31.8%

みっちー

2021年の初めにポートフォリオを考え、それに近付くように購入銘柄を調整してきました。

近いうちに2021年の振り返りをしながら、2022年のポートフォリオを決めていきたいと思います。

次に配当金と利回りについての確認です。(税引前の金額。カッコ内は利回り)

投資信託は評価額の4%を算出して計上しています。

セミリタイアしたら資産からの所得は?
  • 米国株式(S&P500):1,864円
  • 新興国株式:235円
  • SPYD:2,332円(6.06%)
  • VYM:3,585円(3.07%)
  • AGG:702円(1.89%)
  • 日本個別株(高配当銘柄):5,374円(4.81%)

みっちー

セミリタイアを想定した資産からの合計収入は、現時点で14,092円になりました。

資産全体からの利回りは、税引前で3.36%です。

今後の方針

今までセミリタイアを視野に入れたポートフォリオを考えて資産形成をしてきました。

2021年は全体的に資産を伸ばせましたが、一方でSPYDの配当金減配も経験しました。


生活費の一部を配当金で補う場合、評価額が上がっても減配になっては補填が難しくなります。

このようなケースも想定に入れなければならないと実感しました。


そういったことも含めて、2022年のポートフォリオを考えてみたいと思います。

みっちー

以上が私の資産運用結果と考察になります。

投資に興味を持った方は、ぜひ未来の自分のためにチャレンジしてみてください!

少額からの資産運用
初心者でも少額投資で資産運用を!【今からでも遅くない将来の準備】投資と聞くと難しいイメージがあるかもしれませんが、初心者でもコツコツと運用すれば確実に資産を積み上げることができます。今後は自分の力で人生を豊かにすることが重要になってくるので、資産運用で将来に備えましょう!今からでも遅くはないので、投資を始めてみませんか?...

資産運用のピックアップ記事
資産運用を始めてセミリタイアへの準備セミリタイア・FIREを実現するには、資産運用は必須条件です。自分の大切な資産を減らさずに生活をするには、投資でお金を生み出さなければなりません。結論を言うと、最も安定して簡単に実行できる投資は投資信託になるので、投資信託を始めましょう。ここでは投資初心者が投資信託で資産運用をするための手順を解説しています。...

ここで紹介した銘柄などは私が実際に購入したもので、特定の銘柄を推奨するものではありません。

投資を行う際はそれに関わるリスクを十分に考慮して、自己判断・自己責任の上で行ってください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です