資産公開

私の投資結果報告【2021年1月】

資産公開2021.1
みっちー
みっちー
2021年1月4日現在のデータを元に、私の投資結果をまとめました。

投資を始めるきっかけや、投資初心者で悩んでいる人の参考になれば幸いです。

 

さっそくですが、全体の運用結果から見ていきます。

元本 評価額 損益
投資信託 16,000円 18,401円 +2,401円
米国ETF(上場投資信託) 103,017円 108,408円 +5,391円
日本個別株 70,922円 73,650円 +2,728円
買付余力 23,548円
合計 189,939円 224,007円 +10,520円

 

資産及び各投資ごとの推移は次のとおりです。

2021.1資産推移

 

配当予定額は7,271円で、内訳は次のとおりです。

日本株:3,266円

米国ETF:4,005円(分配金は38.85ドル。1ドル=103.07円で計算)

 

みっちー
みっちー
今回のデータが2021年の基準値になります。

今年もコツコツと少額積立投資を続け、徐々に入金力も増やしていきたいと思います!

投資信託の詳細

私が投資信託で購入している銘柄は、「eMAXIS Slime米国株(S&P500)」のみです。

楽天証券で積立購入を設定しており、楽天ポイント投資(1ポイント利用)とクレジットカード決済で楽天ポイントをしっかりと獲得しています。

 

みっちー
みっちー
楽天証券の投資信託で楽天ポイントを貯める仕組みは、別の記事で解説しています。

興味のある方は、参考にしてみてください!

楽天証券
投資初心者なら楽天証券で口座開設【魅力的なメリット多数あり】様々な証券会社がありますが、初心者で投資信託を始めるなら楽天証券がオススメです。楽天サービスを使っている人であれば、数多くのメリットを受けることができてお得です。...
楽天経済圏【中級編】
初心者が始める楽天経済圏【中級編】初心者が始める楽天経済圏【入門編】で次のようなことをまとめました。 ・楽天経済圏の仕組み ・SPUを6.5倍にする楽天サ...

ETFの詳細の詳細

私が購入しているETFは米国ETFで、銘柄は次のものになります。

・SPYD(SPDRポートフォリオS&P 500高配当株式ETF

・AGG(iシェアーズ コア 米国総合債券市場 ETF

・HDV(iシェアーズ コア 米国高配当株 ETF

・VYM(バンガード 米国高配当株式ETF

 

ETFの銘柄別構成比率は次のとおりです。

ETF構成比率

ETFについてはSBI証券のNISA口座で購入をしています。

資産全体のバランスを見て毎月の購入銘柄選びをしていますが、ある程度同じ銘柄を購入し続ける場合は、積立設定も利用しています。

 

みっちー
みっちー
ETFの積立設定が唯一可能な証券口座は、SBI証券になります。

毎月ある程度の金額分を購入するなら、SBI証券の積立購入は簡単でオススメです。

ETFを毎月積立購入したいならSBI証券
毎月ETFを買い増して資産を増やす【初心者必見の簡単自動積立】 ETFとは上場投資信託のことですが、私は米国ETFを毎月購入しています。 米国ETFの特徴としては、次のよ...

日本個別株の詳細

日本個別株については、【SBIネオモバイル証券】で購入をしています。

SBIネオモバイル証券では1株からの購入が可能なため、少額でも個別株投資が始められます。

 

個別銘柄は高配当のものを中心に購入しており、購入銘柄の一覧と構成比率は次のとおりです。

2021.1日本株一覧

1株から購入できるメリットは少額から投資が可能なこともありますが、分散投資が可能になるというメリットもあります。

購入時はセクターも注意しながら銘柄選定をして、配当金に対するセクターの分散を意識しています。

 

購入銘柄のセクター比率は次のとおりです。

2021.1セクター比率

投資信託やETFに比べると、銘柄選びという部分で難易度が上がります。

しかし少額投資なので失敗してもダメージは小さく、挑戦してみる価値はあると思っています。

 

みっちー
みっちー
配当金はキャッシュフローの強化には適した投資ですし、難易度が高いからこそ投資の知識も身についていきます。

高配当株投資は難しいところもありますが、SBIネオモバイル証券自体は初心者でも簡単に扱える、とても分かりやすい証券口座になっています。

日本の個別株に投資するならSBIネオモバイル証券
SBIネオモバイル証券【初心者にもおすすめする理由】投資などの資産運用で必要になってくるのは証券口座です。 ネットなどで調べてみると、いくつかの証券口座が出てきてそれぞれのサイトでお...

アセットアロケーション・ポートフォリオ分析

最後に資産全体のバランスを見てみます。

2021.1各構成比率

早期の資産拡大という投資目的から、債券と株式の比率は株式が大半を占めています。

国の分散については日本と米国の2カ国に投資して、比率は半々か多少米国が多いくらいを目標にしています。

 

投資商品については、高配当(手元に配当金が来るもの)の投資先を選んでいるため、個別株とETFが大半を占める割合になります。

今後の方針

資産全体の比率で、米国への投資額が7割ほどになっているため、日本株の比率を少し上げるようにしていきます。

しかし、日本株が積極的に購入できる時期ではないため、日本の情勢も見ながら判断できるといいなと思います。

 

買うタイミングが来たらいつでも購入できるよう、現金比率を上げる形になるかもしれません。

証券口座にコツコツと入金だけはしていきます。

 

みっちー
みっちー
以上が私の資産運用結果と考察になります。

投資に興味を持った方は、ぜひ未来の自分のためにチャレンジしてみてください!

少額からの資産運用
初心者でも少額投資で資産運用を!【今からでも遅くない将来の準備】投資と聞くと難しいイメージがあるかもしれませんが、初心者でもコツコツと運用すれば確実に資産を積み上げることができます。今後は自分の力で人生を豊かにすることが重要になってくるので、資産運用で将来に備えましょう!今からでも遅くはないので、投資を始めてみませんか?...

 

ここで紹介した銘柄などは私が実際に購入したもので、特定の銘柄を推奨するものではありません。

投資を行う際はそれに関わるリスクを十分に考慮して、自己判断・自己責任の上で行ってください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です