あなたは自由?

あなたにとって『自由』とはなんですか?

 

多くの人が、自由とは何かと聞かれると「何かに縛られていない状態」を想像するかと思います。

例えばこんな状態にある時、人は自由ではないと感じるはずです。

 

・欲しい物があるけどお金がなくて買えない
・仕事が忙しくて趣味を楽しむ時間がない
・日々の大半が自宅と職場の往復で移動範囲が狭い

 

お金、時間、場所などに縛られている状態は不自由。

このことからも、不自由から解放された状態が自由なんだと思うのではないでしょうか?

 

「何かに縛られていない状態=自由」という発想もわかります。

しかし私は、自由とは何かと考えていくうちにひとつの重大な事実に辿り着きました

 

まずは、私が考えた自由について説明します。

 

私が考える『自由とは?』

私が導き出した本質的な自由とは何か。

それは、『選択できる状態を自力で手に入れること』です。

 

これを理解してもらうために、まず自由という言葉について知ってもらいます。

自由という言葉を辞書で調べてみるとこう書かれています。

①他からの強制・拘束・支配などを受けないで、自らの意志や本性に従っている・こと(さま)。自らを統御する自律性、内なる必然から行為する自発性などがその内容で、これに関して当の主体の能力・権利・責任などが問題となる。

②物事が自分の思うままになるさま。

③わがまま。気まま。

weblio辞書 【自由】

 

前段で書いたように、何かに縛られていない(強制・拘束・支配などを受けていない)状態であり、自分の思うままであるというのは自由と解釈して良い気がします。

では次に、日本語ではなく英語で『自由』について調べてみます。

 

英語では自由を意味する単語が2つあります。

それはfreedomlibertyです。

 

辞書で意味を調べると、それぞれ違うことが書かれています。

2つの意味を解説しているサイトがあるので引用させていただきます。

freedom(フリーダム)…制限されず最初から与えられた自由。解放されているニュアンス。

liberty(リバティ)…束縛などの抑圧されている状態から掴み取った自由。

あめぐれ まとめfreedom/libertyの違い

 

それではお金を例にして、2つの自由について考えてみます。

2つの違いは「与えられた」「掴み取った」です。

 

お金を得てfreedomになる

ある時、宝くじが当選して急に大金を得る事ができました

お金に関して自由な状態です。

 

どんな物も買えますし、どんなこともできるでしょう。

思いついた贅沢もできます。

 

しかし、与えられたお金は使えばどんどん減るばかりです。

いつかは無くなってしまいますし、残高が減る恐怖を味わうことになります。

 

お金を急に手に入れた人の多くは、お金に支配されたお金の使い方をしてしまいます。

お金に余裕があるからと、単純に高級志向になります。

 

お金持ちはこんな生活だと思い込み、「お金持ち」「貧乏」という言葉を持ち出して他者と比べて線引きをします。

その線引きを理由に買う物や生活の質を決めます。

 

どれも選べる状況にありますが、選ぶ根拠に自分の意志がないのです。

これでは本当の自由ではありません。

 

要するに、自分以外の意志や一般論を持ち出した時点で他者からの支配を受けていることになるのです。

与えられた自由では本当の自由にはなれないのです。

 

お金を得てlibertyになる

ある時、自分が立ち上げた事業が軌道に乗り、たくさんのお金を稼げるようになりました

軌道に乗るまでは多くの失敗があり、たくさんの努力も必要でした。

 

自分が思い描いた未来を想像しながら事業を継続させた結果、その成果としてお金を手に入れることができ、自由な状態になれました。

こちらもお金に関して自由な状態です。

 

お金を手に入れることができたため、自分が前から思い描いた未来を実現させることができました。

お金を生む仕組みができたため、お金をまだ増やすこともできます。

 

もし事業の継続が難しくなったとしても、今まで得た知識から別の仕組みを作ることも可能でしょう。

自分の力で選べる状態を手に入れた場合、多くの場合は自分で選ぶ力も身についています。

 

要するに、自分の意志で物事の選択・決定をするため、本当の意味で何物にも強制・拘束・支配されていない状態になるのです。

これこそが求めるべき自由であると私は考えています。

自由になるためには?

これまでの解説をまとめ、自由になるためのポイントを振り返ります。

自由になるためのポイント

☑自分の力で選択できる状態に辿り着く
☑自分で選択・決定する力を身に付ける
☑失敗を恐れず努力を継続する

悲しいというか現実は厳しいというのか、やはり自分がなんとかしなければ自由にはなれないのです。

そして、自分自身が自由になるという意思があるからこそ自由になれるのです。

誰でも自由になれるの?

私は自由になるために才能は必要ないと考えています。

ただし、上にも書いたとおり、自由になるための努力は必要です。

 

この努力を続けることができれば、誰でも自由になれます。

自由へのルートはいくつもあり、どのルートを選ぶのもあなた次第です。

 

楽な道のりはありません。

愚直に進むしかないと考えています。

 

しかし、努力の先には猫のように自由な「にゃんこライフ」が待っていると信じています。

あなたも一緒ににゃんこライフを目指しましょう!